環境負荷の全体像と環境会計

ムラタでは事業活動にともなう環境負荷の定量的な把握に努め、これを分析し、環境負荷の低減に努めています。

ムラタの環境負荷

温暖化対策と省資源・資源循環が課題

ムラタが生産する電子部品は、小型でも、これらを製造する際に消費されるエネルギー・水などの資源は、小さなものではありません。
ライフサイクルの視点から環境負荷低減に関する2019年度~2021年度中期目標を定め、環境負荷低減活動に取り組んでいます。

データの算出方法
「総物質投入量」「化学物質大気排出量」は国内グループの実績を集計しています。その他の項目は、国内グループおよび海外生産拠点の実績を集計しています。

環境会計2019年度の結果と分析

2019年度の環境活動費用は約60億円、投資額は約40億円でした。
生産の増加にともない、資源循環に関する日常管理費用が増加しました。また投資においては、公害防止対策のために設備を積極的に導入しています。

2019年度 環境会計

分類 費用 (百万円) 投資 (百万円)
2018年度 2019年度 2018年度 2019年度
事業所エリア内コスト 公害防止 341 265 846 651
地球環境保全 272 293 355 318
資源循環 3,118 3,008 2,516 2,949
小計 3,730 3,566 3,717 3,919
上下流環境保全コスト 66 71 0 0
管理活動コスト 1,055 1,106 9 20
社会活動コスト 84 90 0 0
研究開発コスト 1,104 1,256 258 106
環境損傷コスト 0 0 0 0
合計 6,039 6,089 3,984 4,045

データの算出方法

  • 集計対象は村田製作所の各事業所および国内生産拠点 (20法人) です。
  • 2019年4月から2020年3月までの12ヵ月間を集計対象期間としています。
  • 費用には人件費、減価償却費を含んでいます。