知的財産に対する取り組み

知的財産の保護

ムラタは、材料から製品まで一貫生産を行っているため、研究開発・事業活動からさまざまな知的財産を創出しています。そうした成果は、特許権等の知的財産権として積極的に保護し、事業に役立てています。また、ムラタは海外売上比率が高いため、日本だけでなく海外においても知的財産権を出願し、グローバルに特許ポートフォリオを構築しております。また、海外に知財拠点を設置し、現地で創出された知的財産を迅速に保護、利用ができる体制を整えております。
一方で、ムラタの強みであるモノづくり力を守るため、ノウハウの保護にも力を入れています。当社製品から検出困難な知的財産はノウハウとして秘匿し、社外に流出しないよう管理しております。そのために、営業秘密管理のための仕組みづくりや、従業員の教育に努めています。

第三者の権利尊重

ムラタは他社の知的財産権を尊重し、他社の知的財産権を侵害することのないよう努めております。

模倣品対策

ムラタは、各国における商標権の保護にも力を入れています。
一方で、残念ながら、当社製品の模倣品が、東アジア地域を中心に流通していることが確認されています。これらの模倣品は正規代理店以外の電子部品商社、およびECサイトにおいて取り扱われています。模倣品はムラタの品質基準を満たしておらず、機器に重大な不具合が生じることにもなりかねません。
ムラタは、お客様が誤って模倣品を購入されることのないように、必ずムラタの営業所または正規代理店からご購入いただくようお願いしています。
また、ムラタは、各国の政府機関等の協力を得て違法な模倣品販売業者の取り締まり(行政摘発、刑事摘発、民事訴訟)および、ECサイト上の模倣品販売の停止、商標権の無断使用や虚偽表示等の是正・削除等を行っています。
今後も継続的な調査と対策に努めていきます。

従業員の知的財産権

ムラタは、新技術を開発した従業員を報奨する制度を設けています。特許出願したとき、登録になったとき、特許が事業の競争優位に貢献したとき、他社から実施料収入を得たときなどの要件を満たす場合に報奨しています。
報奨の内容はムラタ内の発明報奨審議委員会で審議するとともに、従業員からの異議申立を受け付けることにより、評価の公正性を担保しています。