第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019で村田製作所チアリーディング部が京都の文化を発信

2019/08/26

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫   

株式会社村田製作所は、京都府文化観光応援大使*1である村田製作所チアリーディング部が9月1日より開幕する第25回ICOM(International Council of Museums:国際博物館会議)*2京都大会2019に参加し、京都の文化を発信するステージを披露することが決まりましたので、お知らせします。



村田製作所チアリーディング部は、これまでも国際的な展示会などの場において世界中のモノづくりをする人を応援するとともに、京都が持つ文化を発信してきました。今回、初めて日本での開催となったICOMにおいて、伝統的な京都の文化を纏ったロボットが最先端の技術で息の合ったステージを披露し、世界各国からお越しになる方々をおもてなしします。

ステージ概要

タイトル:京都の工芸品を纏った村田製作所チアリーディング部  ~球乗り型ロボットが優雅に舞います~

場所:国立京都国際会館アネックスホール内特設ステージ

スケジュール:
9月2日(月)14:00/15:00/16:00/17:00
9月3日(火)10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00
9月4日(水)10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00 
※会場内に入場するためには参加費が必要となります。詳細は以下の開催概要より公式HPをご確認ください。

ICOM開催概要

会議名:  第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019
開催日程:
2019年9月1日(日)―9月7日(土)7日間
会場:
メイン会場(国立京都国際会館)、サテライト会場(稲盛記念会館)、ほか
参加者:
約3,000名(海外参加者を含む)※多くのセッションは日本語同時通訳付き
主催:
ICOM、ICOM日本委員会、ICOM京都大会2019組織委員会、公益財団法人日本博物館協会
共同主催:
日本学術会議
テーマ:
文化をつなぐミュージアム ー伝統を未来へ―
公式HP:
http://icom-kyoto-2019.org/jp/    

村田製作所チアリーディング部について

村田製作所チアリーディング部は、世界中の皆さまに元気と笑顔を届けるために、ムラタが培ってきたさまざまな技術を結集して誕生しました。彼女たちの「倒れそうで倒れない」バランスと「ぶつかりそうでぶつからない」そのチームワークは、超音波位置計測技術、群制御技術、倒立振子制御技術により実現しています。メンバー全員で一生懸命パフォーマンスして、世界中のイノベーターの皆さまを応援します。


*1 京都府にゆかりがあり、京都府の魅力を広く発信する目的で、過去さまざまな分野の著名人に委嘱。ロボットとしては初めての就任で任期は2021年6月30日まで。

参考:2018年7月19日 村田製作所チアリーディング部が京都府文化観光応援大使に就任
https://www.murata.com/ja-jp/about/newsroom/news/company/csrtopic/2018/0719


*2 現在、140の国と地域が参加するICOMが3年に一度行う世界大会で、世界最大、唯一のミュージアムに関する国際会議。今回は初めてとなる日本での開催。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp