東北村田製作所の鹿沼工場閉鎖について

NewsArticleTitle

2020/06/05

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫 

株式会社村田製作所(以下、「当社」)の子会社である株式会社東北村田製作所は鹿沼工場での生産を2021年5月に終了し、2022年3月に工場を閉鎖します。鹿沼工場での生産品目・工程は東北村田製作所本宮工場に引き継ぎます。

東北村田製作所は、電池の開発と生産を行う拠点です。電池事業は事業基盤の強化に努めており、生産の最適化と固定費の抜本的な見直しの取り組みを行っています。鹿沼工場はこうした取り組みの一環として生産を終了し、閉鎖することになりました。今後は、村田製作所グループ全体でより強固な生産体制、経営の効率化を目指します。

なお、このたびの工場閉鎖による当社業績への影響は軽微です。

 

東北村田製作所の概要

名称  株式会社東北村田製作所
所在地
福島県郡山市日和田町高倉字下杉下1-1
設立 2017年9月
大株主 株式会社村田製作所100%
事業内容
一次電池、二次電池などの開発・設計・製造
国内事業所
郡山事業所、本宮工場、鹿沼工場

 

東北村田製作所鹿沼工場の概要

所在地 栃木県鹿沼市さつき町18
事業内容
リチウムイオン二次電池電極生産など

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp