横浜みなとみらいに「Mulabo!」(ムラーボ!)をオープン 子どもたちが科学を楽しく学べる体験施設

NewsArticleTitle

2020/10/05

株式会社村田製作所
代表取締役社長 中島 規巨 

株式会社村田製作所(以下、当社)は、神奈川県横浜市みなとみらい21地区に設立する子ども向け科学体験施設「Mulabo!」※1(以下、本施設)を2020年12月16日(予定)に開館します。本施設はエレクトロニクスを通じて科学の面白さを伝える一般公開施設です。

※1社内公募を通して、村田製作所(Murata)と英語のLaboratory(研究所、実験室)の略語を合わせた造語として作りました。



本施設は「エンジニアの卵が生まれるきっかけの場」をコンセプトとし、当社の事業活動と紐づいた「科学」をテーマにSTEM※2教育・文化の発展に寄与します。子どもたちに科学の不思議、楽しさとの出会いの場を提供し、横浜みなとみらいの新しい顔となる施設を目指します。幅広い世代の来場者に受け入れられ、親しまれ、繰り返し楽しんでもらえるように、施設内にそれぞれ趣向を凝らした以下4つのゾーンを設けます。

※2 Science, Technology, Engineering, Mathematicsの略

 

DISCOVER (ディスカバーゾーン):

「目に見える科学」をテーマに電気の基本を学習できる体験展示を設置します。端末を使ったクイズと連携したメイン体験展示3種類のほか、当社の技術を使った体験展示コーナーも予定しています。また、見て触れて楽しく学べる展示物もご用意しています。

 

ディスカバーゾーンのイメージ図

 

THINK(シンクゾーン):

 カフェ・ライブラリーを設置します。STEMに関する本を通して、科学の楽しさに触れられます。ドリンクや軽食をお楽しみいただけます。小さいお子様用にキッズスペースや授乳ルームも備えています。

 

シンクゾーンのイメージ図

 

SYMBOL(シンボルゾーン):

施設のシンボルとなるアート展示や、イベントに合わせ当社のロボット(村田製作所チアリーディング部など)のデモを実施します。

 

シンボルゾーンのイメージ図

 

HISTORY(ヒストリーゾーン):

暮らしや社会を豊かにしてきたエレクトロニクス製品と当社の電子部品づくりの歩みを紹介します。

 

ヒストリーゾーンのイメージ図

 

施設概要

 

 施設名: Mulabo!(ムラーボ!) 
 住所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-8
村田製作所 みなとみらいイノベーションセンター内
 フロア面積: 約1,000㎡
 アクセス: 横浜高速鉄道みなとみらい線 新高島駅から徒歩5分
JR 横浜駅・桜木町駅から徒歩15分
 用途: 小学校高学年をメインターゲットに科学の不思議、
楽しさとの出会いの場を提供する一般公開施設
 オープン日: 2020年12月16日(予定)
 開館時間: 午前10時~午後5時 (カフェのラストオーダー:午後4時30分)
 休館日: 定休日:日曜日、月曜日、その他休館日は当社の休業日に準じる。
 利用料金 入館料無料
 利用方法: 一部体験展示は予約制です。
2020年11月上旬よりウェブサイトで予約開始予定
 ウェブサイト: https://mulabo.murata.com/     

 

関連サイト

村田製作所 新たな研究開発拠点「みなとみらいイノベーションセンター」を横浜みなとみらい21地区に設立

 

 

 


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp