第3回IoT/M2M展 秋 出展について

NewsArticleTitle

2017/10/25

株式会社村田製作所
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫 

要旨

株式会社村田製作所は、第3回 IoT/M2M展 秋 に出展いたします。


詳細

名称
第3回 IoT/M2M展 秋
会期
2017年11月8日(水) ~ 10日(金)
会場
幕張メッセ
URL
http://www.m2m-expo.jp/

IoT/M2M展 秋 は、IoT/M2Mシステムを構築するために必要な、あらゆる製品/サービスを一堂に集めた専門展です。当社ではワイヤレスセンサネットワークを利用した工場のリアルタイム監視システム、Bluetooth Low Energy(以下BLE)メッシュやRFIDタグを利用したトラッキングソリューション、またそれらを支える小型エネルギーデバイスやマイクロ電池などを展示いたします。

主な出展アイテム

無線通信モジュールとセンサを用いた工場のリアルタイム監視システム

マルチプロトコルに対応したゲートウェイと、バッテリー駆動の多種多様なワイヤレスセンサノードにより、レイアウトフリーで設備の見える化と省エネを実現できる監視システムを紹介します。配線レスによる簡易設置で低イニシャルコストを実現でき、遠隔で工場内環境の集中管理が可能となります。

BLEメッシュを使用したトラッキングシステム

ヒト・モノの屋内位置推定のソリューションとしてハードウェアから位置情報に変換するサブシステムまでを紹介します。当社ではBLEメッシュネットワーク技術を応用し、シンプルかつ省電力なトラッキングシステムを実現します。

UHF RFID 金属対応タグを使用したトラッキングシステム

金属面に取り付ける事ができるRFIDタグを利用したトラッキングシステムをデモンストレーションでご紹介します。
これまで金属面へのRFIDタグの取り付けは課題とされてきましたが、当社では金属面をアンテナの一部として利用する事で干渉を抑えることにより、良好な通信距離・指向性を確保する事が実現できました。これにより、工具、オフィス機器、鋼製小物、アルミケース、IT資産など金属製品のトラッキングが可能になります。

小型エネルギーデバイス

大容量かつ内部抵抗が低く、急速充放電が可能で負荷変動に強いという特性を持った蓄電素子、UMAシリーズを展示します。

電気二重層キャパシタ

小型薄型サイズながら業界最高レベルの低ESRを特徴としたDMHシリーズを展示します。

マイクロ電池

先端の設計・生産技術を駆使した性能・信頼性に優れたマイクロ電池を展示します。


当社特設サイト(https://www.murata.com/ja-jp/campaign/events/japan/iotm2m)もご覧ください。

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp