第13回[国際]カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN) 出展について

2021/01/14

株式会社村田製作所
代表取締役社長 中島 規巨 

株式会社村田製作所は、第13回[国際]カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)※1に出展します。
自動車市場は自動運転やEV化、カーシェアリング等新しい技術・サービスにより、スマートで快適なモビリティ社会の実現に向かっています。
当社ブースでは、このようなモビリティ社会に不可欠なムラタならではの高信頼性電子デバイスのラインアップを紹介します。

 

名称:  第13回[国際]カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)
会期:
2021年1月20日(水) ~ 22日(金)
会場:
東京ビッグサイト 南展示棟
URL:
https://www.car-ele.jp/
当社ブースNo.:
S7-40

 

尚、新型コロナウィルス感染症対策のため、会場での説明員は最小限の人員としています。併設のオンラインブースの方でも説明員による応対をさせていただきますので、併せてご利用ください。

 

出展アイテム

 

AD※2・ADAS※3コーナー

材料、工法および構造の工夫によりバリエーションを揃えたセラミックコンデンサをはじめ、トンネルなどGPSの届かない環境で、自動車の位置情報を正確に検知する6軸ワンパッケージ慣性力センサや、超音波振動を用いて水滴を霧化させる雨滴除去デバイスを紹介します。また車内の人の存在を検知し、子どもと大人とを見分けるために、Wi-FiⓇの電波をセンサとして活用するWi-Fiソリューションと、バイタル信号により検知する乗員センサの2つのソリューションを紹介します。
 

Connectedコーナー

 V2XやV2Iまでクルマの無線ネットワーク化に貢献する通信モジュールや、車のコネクテッド化をインフラ側で支えるロードサイドユニット向けに、28GHz帯アンテナモジュールとDC-DCコンバータを紹介します。さらに小型・高信頼性・高精度を実現したセラミック発振子/水晶振動子、車載カメラ用PoC※4向けインダクタや、低背・大容量の導電性高分子アルミ電解コンデンサも同コーナーで紹介します。

 

xEVコーナー 

自動車市場のあらゆるニーズにお応えする各種コンデンサや、さまざまな用途の温度検知・温度補償に最適なサーミスタなど、クルマの電動化や安全システムを支えるムラタならではの小型で耐熱性に優れるセラミックスの特性を生かした高信頼性のデバイスを紹介します。

今後もエレクトロニクス業界のイノベーターとして、信頼性に優れたコンデンサなどの受動部品や先進安全システム向けのセンサ、通信モジュールをはじめとするソリューションで自動車のエレクトロニクス化に貢献します。

詳細は当社特設サイトをご覧ください
https://www.murata.com/ja-jp/campaign/events/japan/car-ele


※1 カーエレクトロニクスの進化を支える半導体・電子部材、ソフトウェア、テスティング技術などが一堂に出展する本分野世界最大の専門展
※2 Auto Drivingの略:自動運転
※3 Advanced Driver Assistance Systemの略:先進運転支援システム
※4 PoC(Power Over Coax):信号ラインと電源ラインを同軸ケーブルに一本化した方式

 


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp