FRONT Line

ムラタのEMI事業の新しいマーケットへの挑戦、大電流対応と高信頼性、不可能ではないミッションソリューション提案で、お客様とともに製品を作り込む

井上 亨/Toru Inoue 常務執行役員 コンポーネント事業本部 本部長

プロフィール

1980年入社。経理部へ配属。経理業務に従事しつつIE部門との協業を進める。
1990年から8年半、英国、米国の工場ならびに米国本社に勤務。
1998年帰国後は、経理部、八日市の製造部、大垣村田、企画部と渡り歩き、2009年に執行役員に就任。
2013年7月、コンポーネント事業本部本部長就任。

あらゆるもののデジタル化が進み、EMI (Electromagnetic Interference: 電磁障害) に注目が集まっている。
ムラタのEMI事業の2本柱は、ノイズ対策部品と信号や電源の安定化を図るインダクタ。パソコンやスマートフォンなどの通信技術の進化とともに、今後ますます需要増が期待されている。また、ホームエレクトロニクスやカーエレクトロニクスなど、これから市場の拡大が期待されるこの分野でも、通信技術による多機能化にともなって、これらの製品の需要が急速に拡大している。
ムラタの課題は、大電流対応と高信頼性のモノづくり。従来の「通信、民生市場向け」のモノづくりを生かしながら、いかにニーズに対応するか。「パワー系」の部品づくりのためのメタルをベースにした磁性材料も見つかり、新市場へアプローチする準備は整った。ムラタのEMI事業が次の成長に向けて歩みはじめる。


パソコン、携帯電話の登場で一気に需要が増加
さらにムラタが得意とする小型化要求も含めて、
ノイズ対策部品やインダクタのニーズは確実に増えてきている


小型、大電流、HighQ デジタル化とともに増大するEMI

最近、あらゆる機器のデジタル化が進んだことにより、EMI対策技術に焦点が当たっている。ムラタはノイズ対策部品やインダクタの中でも比較的小型で小電力のものを得意としてきた。歴史を振り返ると、ラジオやテレビのノイズ対策部品、電源の平滑用途のインダクタなどを供給してきた。その後、パソコンや携帯電話の登場で一気に需要が増えた。携帯電話は高周波系のインダクタが中心ではあるが、電源回路などパワー系にもニーズがある。パソコンも外部との無線通信でのやりとりが増え、一般信号系に加え高周波系のニーズも高まっている。こうしたコモディティ化 (一般商品化) が進む領域では、ムラタが得意とする小型化も含めて、ノイズ対策部品やインダクタのニーズは堅調に拡大を続けている。

巻線、薄膜 (フィルム) 、積層の3つの 工法を持っているのもムラタの強み。それぞれの特徴を生かして異なる提案をお客様に行っている。例えば、コスト優先なら積層タイプを、性能優先なら巻線タイプをといった選択が可能。


大電流で高信頼の部品づくり パワー系への再挑戦

EMI事業の今後は、ホームエレクトロニクスやカーエレクトロニクスにどこまで対応できるかにかかっている、といえる。この分野では、「大電流高信頼」という部品づくりが必要となる。現状では、一般的な需要はパワー系以外が6割、大電流パワー系が4割くらい。ここ4~5年の間に大電流パワー系の部品が5割くらいまで伸びてくるとみている。

実は過去にも、大電流パワー系の部品を手がけたことがあるが、1980年代後半、競争が激化し、パワー系以外の分野に資源を集中してきた経緯がある。その後、ムラタは得意の小型化技術でコモディティ分野を中心にシェアを拡大。今回は、新たなマーケットとして大電流パワー系に再挑戦、ということになる。

製品サイズ

部品の小型化は、ムラタが得意とする技術。ノイズ対策部品やインダクタには、「巻線」「薄膜 (フィルム) 」「積層」という3種類の工法があり、それぞれに特徴がある。最もQ値 (品質係数) が優れているのは巻線だが、小さくするのには限界がある。現状では、巻線工法による製品も相当小さくなってきているが、薄膜 (フィルム) 工法や積層工法による製品と比べると二回り程大きい。それでも0806 (0.8mm×0.6mm) までできている。巻線でコイルを作る設備も、ムラタの生産技術に機械メーカーのノウハウをプラスし、共同で研究している点に強みがある。

一方、薄膜 (フィルム) 工法や積層工法による製品は、0402 (0.4mm×0.2mm) までできている。薄膜 (フィルム) も比較的高いQ値を持つが、巻線には及ばない。今後、薄膜 (フィルム) で巻線の特性が出せれば、インダクタのサイズにも大きな変化が現れる可能性がある。


続きを読む