FRONT Line

プロフィール

1983年入社、東京支社。
1987年Murata Electronics Singapore (Pte) Ltd.,
1998年Murata Electronics North America, Inc. へ出向し、営業、企画に従事。
2004年Murata Company Limited. (Hong Kong) 、
2007年村田 (中国) 投資有限公司 (上海) 、
2009年Murata Electronics North America. Inc.への出向を経て、2011年執行役員 デバイス事業本部/副本部長に就任。2012年より同本部長。2013年より上席執行役員。
趣味はランニング、サイクリング、読書。

タイミングデバイスは、電子回路をもつどのような機器にも搭載され、正確な動作を支えています。
これまでセラミックスをベースに、タイミングデバイスの需要に応えてきたムラタが、より高精度な需要に応えるために、水晶振動子の開発に着手したのです。専門企業を子会社化、セラミックスで培った技術を応用して、小型で低価格、高精度という、革新的ともいえる水晶振動子を世に送り出しました。
車載、無線通信、ウェアラブルなど、ダウンサイジングの流れに乗り、それは徐々に存在感を高めています。


HCR®が水晶タイミングデバイス分野に一石を投じました
提案していたダウンサイジング化が現実となり、需要が大きく伸びています
タイミングデバイスの小型化時代がやってきたのです


東京電波を子会社化 画期的な水晶振動子を発売

水晶デバイスで実績のある東京電波とは、かねてより良好な関係を築いてきました。

2009年には資本業務提携を結び、2011年には包括提携契約を締結。両社で販売協力し、高精度で低コストの製品である水晶振動子「HCR®」を製品化しました。さらに、2013年8月には、両社のシナジーを高め、経営資源の活用の最大化と判断の迅速化を図るため、ムラタは東京電波の完全子会社化に踏み切りました。

以後、開発・生産・販売・マーケティング・経営管理など、ムラタがもつあらゆる面を通じて、タイミングデバイスをコアにした水晶デバイスの事業に注力しています。


独自の構造で小型化、低価格化 市場に一石を投じる

HCR®という製品は、水晶振動子の小型化、低価格化という意味で水晶タイミングデバイス分野に一石を投じました。発売当時の水晶振動子の市場は、3225 (3.2×2.5mm) サイズがメインで、小型化がなかなか進まない状況でした。そこへムラタは2016 (2.0×1.6mm) サイズで、独自のCapChip構造を採用、従来の3225サイズと同等の機能で低価格の製品を発売しました。ただ、水晶のタイミングデバイスでは、新規参入ということもあり、実績も乏しかったので、提案したダウンサイジング化は思うように進みませんでした。ところが、2014年に入って市場のダウンサイジング化の流れが顕著になり、スマートフォンと車載関係で大きく需要が増加。モジュールやセットの小型化傾向で、2016サイズの需要が拡大しています。

さらに、2013年3月には、ウェアラブル機器やモバイル機器で使用されるBluetooth®やWi-Fi®など無線通信用途への対応を考慮した1612 (1.6×1.2mm) サイズの水晶振動子を製品化しました。今後、モジュール向けの製品については、より小型の1210 (1.2×1.0mm) サイズへシフトするものと見込み、製品化を急いでいます。


原石生産によるシナジー効果 新たな成長分野の登場

東京電波の子会社化は、ムラタに大きなシナジー効果を生み出しました。HCR®をはじめとする水晶関連製品は、今後の成長分野と位置付けられています。東京電波は水晶原石の生産も行っており、それをムラタ独自のパッケージ技術で設計し、IE (Industrial Engineering) 手法を取り入れ、革新的なタイミングデバイスを生み出しました。さらに、原石やブランク (部品材料) も販売しており、従来のムラタになかった分野が開拓されています。販売先とのパートナーシップで、より高精度の水晶タイミングデバイスの用途が開けるのではないかと考えています。


続きを読む