CSRへの取組み

そこにムラタがあることが、地域の喜びと誇りになるように

1951年に創業を開始した福井村田製作所。ムラタグループ最初の事業拠点は、地元・福井の方々の支援を受けて、半世紀以上の歴史を重ねてきました。
福井村田製作所は、ムラタグループの一員として、製品の提供を通じて社会に貢献するとともに、福井への恩返しを大切な企業活動の一貫と考えて以下の活動を行っています。

未来の森、セイサク中

福井村田製作所の発祥の地、福井県越前町小曽原地区で、森林保全活動をしています。
2011年に、「水上山ふるさと小公園」として整備されていた自然公園を越前町よりお借りし、活動を開始ました。年に2回ほど従業員やそのご家族の手によって植樹や下草刈り、池やせせらぎの整備、外来種の駆除などを行っています。越前町に自生しているシャクナゲも植栽し、保護活動も行っています。
未来の森、セイサク中
未来の森、セイサク中
未来の森、セイサク中

小学校で科学と環境の教室を実施

2007年より、地元越前市・越前町、及び福井市・敦賀市・南越前町の小学校を対象にした「科学と環境の出前学習」を行っています。目的は、子供たちに科学のおもしろさと、身近なところからできる環境活動の大切さを伝えること。
科学学習は、自転車型ロボット・ムラタセイサク君の動きを見せ、科学の力や楽しさを子供たちに実感してもらいます。環境学習は、ゴミ削減など環境問題に関するクイズを出し合う、グループ対抗の参加型授業にしました。
福井村田製作所では、今後も地元の小学校を対象にした出前学習を積極的に行う予定です。
小学校で科学と環境の教室を実施
小学校で科学と環境の教室を実施
小学校で科学と環境の教室を実施

正面緑地一般開放(バラ園)

福井村田製作所の正面緑地には約80種、およそ4,000本の樹木が植栽されております。特に、80品種のバラが5月末~6月初めに見頃となり、その時期に合わせて正面緑地の一般開放を行っています。開放期間中の週末にはイベントデーを開催し、地域の方々や従業員のご家族の方々に楽しんでいただいています。

正面緑地イルミネーション

武生事業所と宮崎工場ともに、11月末~12月末に正面緑地のイルミネーションを行っています。高さ約20mあるシンボルツリーのメタセコイヤをはじめ、バラ園や花時計など庭園内の木々をおよそ4万5千球のLED電飾で飾っています。バラ園同様に一般開放を行っており、イベントデーには多くの方に来ていただけるよう毎年様々な催しを行っています。

社外イベント

福井村田は年に数回、社外イベントにも参加しています。地域の方や従業員のご家族のみでなく、幅広い方々に福井村田を知っていただける機会となっています。自転車型ロボット・ムラタセイサク君はイベントでも大人気!小さなお子様と一緒に操作デモを行います。
また、電子オルゴール教室を開催しており、電子部品をより身近に感じていただける活動となっています。

その他の取組み

環境美化活動として、従業員による会社周辺の清掃活動、及び、従業員とその家族による越前市内の清掃活動を実施しています。その他、中学生を対象とした職場体験学習や事業所での献血など、さまざまな地域貢献活動を行っています。
福井村田製作所は、今後も従業員のアイディアと参加による、社会貢献・地域貢献活動に積極的に取り組んでまいります。