会社情報

会社概要

基本情報

商号 株式会社 岡山村田製作所
住所 〒701-4241 岡山県瀬戸内市邑久町福元77
創業 1992年4月
資本金 4億8000万円
代表者 代表取締役社長 佐々木 俊和
事業内容 セラミック原料・多層デバイス・インダクタの製造
従業員数 (2021年5月1日時点) 2,207名
売上高 (2021年3月期) 16,302億円 (村田製作所グループ連結)

所在地

JR邑久駅から車で10分

沿革

岡山村田製作所

1992年 会社設立
1993年 セラミック原料生産開始
1994年 セラミック素子生産開始
1998年 ISO9002認証取得
QS9000認証取得
1999年 ISO14001認証取得
2000年 セラミック多層デバイス生産開始
2001年 チップ積層セラミックコンデンサ生産開始
2004年 岡山エコ事業所認定
岡山労働局安全衛生奨励賞受賞
2006年 岡山県県内企業競争力強化促進補助金の認定
日本緑化センター会長賞受賞
エネルギー管理優良事業者等中国経済産業局長表彰受賞
2007年 ビオトープ完成
フットサル兼テニスコートオープン
2008年 緑化優良工場として中国経済産業局長表彰を受賞
2009年 第26回全国都市緑化おかやまフェア参加
ESD保護デバイス生産開始
2011年 エネルギー管理優良事業者等中国経済産業局長表彰受賞
2012年 緑化優良工場として平成23年度緑化優良工場経済産業大臣賞を受賞
OHSAS18001認証取得
岡山県男女共同参画社会づくり表彰を受賞
インダクタ生産開始
2014年 全日本選抜QCサークル大会金賞受賞
2016年 全日本選抜QCサークル大会銀賞受賞
2018年 事務・販売・サービス部門 全日本選抜QCサークル大会銀賞受賞
全日本選抜QCサークル大会金賞受賞
2019年 福利厚生施設(フットサル/テニスコート)リニュアルオープン
全日本選抜QCサークル大会銀賞受賞
2020年 令和元年度エネルギー管理優良事業者等中国経済産業局長表彰受賞
IATF16949規格認証取得
岡山県備前県民局地域づくり推進賞受賞

社長メッセージ

岡山村田製作所はセラミックスをベースとする電子部品を全世界に事業展開する村田製作所グループの中で、1992年創業のもっとも若い事業所です。

セラミック原料、インダクタに代表される汎用部品、カスタム性・複合度の高い多層デバイスの3つの商品群を生産する多品種生産事業所です。
皆さんが直接、当社の製品を目にされることはほとんどありませんが、当社のものづくりの結晶が様々な電子機器の中で活き活きといい仕事をしています。
当社の生み出した最先端の小さな電子部品はあらゆる電子機器に使われ、「より美しく見える、正しく伝わる、はっきりと聞こえる」を電子機器の中でしっかりと機能させ、高度化する現代のユビキタス社会を根底から支え続けています。
常に技術革新、高度なものづくりに取り組み、お客様から信頼される電子部品づくりに邁進しています。

よい製品を生み出すためには従業員が活き活きと働ける職場づくりが大切です。
従業員が共に信頼し、安心して働けるように様々な活動と環境整備をすすめ、例えば安心・継続して働ける子育て支援など多面的に福利厚生制度の充実にも力をいれています。
地域の温かいご支援、緑豊かな立地環境、十分なインフラに恵まれたおかげで今日の成長があり、心より感謝申し上げます。さらに地域の発展に貢献できるように若さと活力にあふれる従業員の総力を挙げてさらなる高みに向けて成長し続けます。
今後とも岡山村田製作所にご期待ください。

岡山村田製作所代表取締役社長 唐木 信太郎
岡山村田製作所
代表取締役社長 佐々木 俊和

品質方針

我々は、
高精度なものづくりで世界をリードする企業を目指し、
変化への迅速、柔軟な対応で、
お客様に常に満足頂ける製品を提供するために、

  1. 製品、仕事のしくみを継続的に改善し、最高の品質を追求する。
  2. 品質第一の意識を重視し、能力の向上と発揮に努める。
  3. 環境への配慮、法令の遵守を積極的に果たし、社会的信用の向上を図る。

仕事と子育ての両立支援への取り組み

当社では、仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備をはじめ、従業員にとってより働きやすい環境の整備に、継続的に取り組んできています。

具体的には、育児休職制度の充実や子どもの出生時に父親が特別有給休暇を取得できる制度づくり、有休取得促進のための計画有休制度の導入など、ワークライフバランスの実現に向けた取り組みを推進しています。このような活動を通じ、2010年度には次世代育成支援認定企業に認定されました。また、2012年には岡山県男女共同参画社会づくり表彰を受賞しました。

当社ではこれからも仕事と子育ての両立が図れるよう、また従業員一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働くことができるよう支援をしてまいります。

仕事と子育ての両立支援マーク