お客様に聞く


電子化がどんどん進み、進化を続ける自動車産業。

いよいよクルマが、次世代に向けて大きく羽ばたこうとしています。

デンソーは、先進的な自動車技術、システム、製品を、世界の主要な車両メーカーのほとんどに提供しているトップレベルの自動車部品サプライヤー。

電子化が進展する中にあって、高品質高精度の電子部品が大きく貢献しています。

中でもタイミングデバイスは、電子回路全体のバランスをとるために必須の部品。

セラミックスと水晶とをあわせ持つムラタの技術に、今後の期待が高まっています。


ターゲットは2020年
クルマの自動運転が現実のものに

クルマの電子化、高度化が急速に進んできました。とりわけ今、注目されているのが、道路上での自動運転。それを東京五輪が行われる2020年代初頭までに実現するという目標が、政府などによって掲げられています。すでに実用化されている運転支援システムを高度化する方向で自動運転の実現を目指しており、公道での実験も本格化しつつあります。もちろん車両メーカーが中心となって動いていますが、家電やモーター関係のメーカー、さらにはソフト系の情報産業からも参入しています。やはり、クルマの運転を制御するためには、電子データや地図情報など、ビッグデータの集計と解析が必要で、そういうものを持っているプレーヤーが中心となり、一気にプレーヤーの再編が進んでいる感じです。


自動運転がもたらす新しい文化や倫理
どのように浸透させるかが課題

自動運転については、デンソーも実証実験を行っていますが、技術的には十分やれると思っています。ただ、問題はどのような自動運転にするのかという考え方、いわば思想や倫理の部分です。自動運転の概念は、国によっても違うし、国内でも年代や性別によっても違います。例えば、町中でクルマを運転するとして、日本で特徴的なのが、歩行者が交差点や横道からクルマが出てくるときに、見ているのが運転者であること。クルマ自体ではありません。運転者が自分に気づいてくれるというアイコンタクトが必要で、もし運転者が寝ていて歩行者を見ていないとなったら、その前後を横切ることは非常に怖い。自動運転の場合、クルマは制御されているし、周りの人の検知もしているので、止まることも、よけることもできます。しかし、歩行者にクルマが自動運転をしているから安全であるということを知らせないといけません。例えばハザードやランプを利用して知らせることはできますが、そのランプ点滅によって自動運転であるということが周知されるかどうか。一般の歩行者に、そういうことを理解してもらうための、バックボーンとなるものが重要です。


研究が進む衝突安全の分野
目標は交通事故ゼロの世界

クルマの高度化はもう一つあって、衝突安全の分野です。今は真正面からの衝突と、真横からの衝突を想定して、その対処方法としてエアバッグなどが備えられています。今後は、周辺の情報をも収集して、ナナメからの衝突や出会い頭の衝突に備えていこうという動きがあります。例えば、周りに走っているクルマとその情報を収集、前のクルマの減速を察知して衝突に備える。さらにインフラが整えば、交差点の情報や交通情報を受信しながらクルマを制御していく。「車車間」や「路車間」の情報通信を高度化させていくことで、「交通事故ゼロ」を目標にしています。自動運転とは別の、より現実味を帯びたリアルな世界でも、クルマの安全技術は進んでいます。


基本は安心・安全
救える人命を一人でも多く

自動運転も衝突安全も、基本は「安心・安全」が大きなテーマです。デンソーは、クルマが世界の人々に愛され続けるために、安心・安全にこだわり、使命として取り組んでいます。今や機能として安心・安全を設計しないといけない時代となっています。

例えばエアバッグは、他の製品とは違って通常は動作しない製品。ただ、動作したときは尊い人の命を守らないといけない。いざというときには、間違いなく動作し、救える命は救うのが役割です。

その安心・安全にもいろいろあって、まず「いつもの安心」。衝突する前に危険を察知して運転者に知らせる、もし運転者が気づかない場合は自動で制御します。衝突を未然に防ぐ、周辺状況を予測して、危ないと思ったら構える、検知から予測の世界です。

それでも衝突する可能性はゼロではない。それに備えるのが「もしもの安全」です。衝突してエアバッグが作動したら、その情報を通信で送り、救急車を呼ぶ、警察を呼ぶなど。その場合も、どの程度の事故なのかを事前にデータ解析して判断します。時速何キロでぶつかったのか、相手はクルマなのか、人なのか、建物なのか。その程度に応じて緊急で救急車やドクターヘリを要請するのか、もしくはけが人はいるのか、クルマは動くのかなどを判断して対応します。事故を層別し優先順位をつけて、事故後の救援までも含めた安心・安全対策を考えています。どうしたら人命を救えるのか、救える命は救いたいという方針です。


自動運転車

人間の運転を不要とし、自動で走行できる自動車のこと。オートパイロットは、すでに航空機の操縦に広く導入されています。海外ではGoogleが2020年までに「完全自動運転」実用化を目指して、トヨタ自動車やフォルクスワーゲン (VW) 、ダイムラー、GM、フォードなど世界の主要自動車メーカーと協議を開始したと伝えられています。国内では、日産自動車が2020年までに自動運転技術を複数の車種に搭載する予定であると発表し、トヨタ自動車も自動運転技術を搭載した試作車を発表。国土交通省は、2020年初頭に実現を目指すと発表し、ロードマップを示しています。こうして見ると、東京五輪が開催される2020年には、自動運転車が公道を走っている可能性が高いといえます。


ビッグデータ

従来のパソコン用データ処理ソフトなどでは処理することが困難なほど巨大で、複雑なデータ集合の集積物を表す用語。クルマにおいても、最近急速に電子化が進んだ結果、さまざまな車両内データを、リアルタイムで、安価に収集・交換できるようになりました。それらを常時集積し、外部につながった通信網によって1カ所に集積させたものが、ビッグデータに該当します。例えば、車載の電子回路やセンサが発信する電波を拾い集めたものを1カ所に集積させることで、クルマがどういう動きをしているかが把握できます。こうしたクルマで扱われるデータは「プローブ情報」と呼ばれ、クルマ版のビッグデータとして注目されています。クルマ周辺ビジネスとのかかわりも深く、今後新しいマーケットが生まれると期待されています。


続きを読む