環境とムラタ

持続可能な資源利用

2019年度~2021年度中期目標※1に基づき、各事業所または各部門で目標を設定し廃棄物排出量と水使用量の削減に取り組んでいます。

特に最近は、海洋プラスチック問題や中国の輸入規制を受けて、プラスチックなどの再利用を含めた資源循環の活動を進めています。

※1 Link: CSR活動における目標と実績

廃棄物管理

ムラタでは「コンプライアンス」「廃棄物の発生抑制」「ゼロエミッション(埋立量ゼロ)」を基本方針として廃棄物管理に取り組んでいます。

2019年度~2021年度中期目標に対する実績

2019年度~2021年度中期目標(生産高あたりの廃棄物排出量の2016年度~2018年度平均比で2021年度に7%改善)に向け、2020年度は2016年度~2018年度平均原単位以下とする単年度目標に取り組み、同原単位比0%となり2016年度~2018年度平均原単位以下という単年度目標を達成することができました。

今後は、認定制度を利用した効率的な廃液削減や、不良率低減などの取り組みにより2019年度~2021年度中期目標も達成する計画です。

廃棄物総排出量と生産高原単位比の推移

災害時に備えた対策

生産活動にともなって発生する廃棄物は、廃棄物処理業者に委託し、リサイクル処理を行っています。万が一、自然災害により委託業者に被害が出た場合、廃棄物を排出することができなくなり、生産活動を止めなければならないリスクがあります。このリスクを回避するために、複数の処理ルートを確保し、生産活動に影響が出ないようにしています。

廃棄物排出量(種類別)の推移

※2 危険廃棄物:「各国の法律で定義された廃棄物のこと。」日本では特別管理産業廃棄物をいう。

廃棄物排出量(処分別)の推移

※3 日本では2003年度から埋立量ゼロを維持。ただし、適切処理のため埋立を講じなければならない廃棄物を除く。

Link: 独立第三者の保証報告書別ウィンドウで開く

資源循環への取り組み

近年、中国などアジア諸国の廃棄物輸入規制や海洋汚染などの環境問題を受けて、プラスチックに関する資源循環への取り組みが求められています。特に日本では中国の廃棄物輸入規制により、リサイクルできずに埋立処理となる廃棄物が急増しています。この様な状況の中で、ムラタでは「ゼロエミッション」を継続するため、素材メーカーと定期的に情報交換し、現在より品質の高い原材料にリサイクル処理できる方法を検討しています。

水資源管理

ムラタでは事業活動で使用する水資源の有効利用を推進しています。また企業活動に影響をおよぼす水リスクへの対応を実施しています。

2019年度~2021年度中期目標に対する実績

2019年度~2021年度中期目標(生産高あたりの水使用量を2016年度~2018年度平均比で21年度に6%改善)に向け、2020年度は2016年度~2018年度平均原単位以下とする単年度目標に取り組み、同原単位比で‐4%と大幅改善に成功し、2016年度~2018年度平均原単位以下という単年度目標を達成することができました。

今後は、リサイクル水の利用やスクラバーの節水などにより2019年度~2021年度中期目標も達成する計画です。

水使用量と生産高原単位比の推移

Link: 独立第三者の保証報告書別ウィンドウで開く

水リスクへの対応

WRI Aqueduct※4とWBCSD Global Water Tool※5、および行政等からの公開情報を用いて自社の評価基準を設定し、水リスク(渇水リスクと洪水リスク)を評価しています。

渇水リスクは、各事業所を3段階 (高、中、低) で評価しています。その評価別に水使用量をみると、全体の98%はリスクの低い、あるいは中程度の地域で使用しており、渇水リスクは低いことが分かりました。また洪水リスクは、発生度と影響度からリスク評価を行ったところ、リスクの高い事業所はありませんでした。今後は地域特性や流域の課題に基づいた水の目標であるCBWT※6の設定を視野に入れて活動を進めていきます。

また新たに工場用地を取得する際は、水資源の利用可能性や排水規制等によるリスクを確認しています。

  • ※4

    世界資源研究所 (WRI) が開発した水リスク評価ツール

  • ※5

    持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD) が開発した水リスク評価ツール

  • ※6

    Context-based Water Target(CBWT)

渇水リスク評価別の水使用量
水使用量 (水源別) の推移
排水量 (排出先別) の推移