Column

明治以前に日本で運用されていた時刻制度は、現代のものよりはるかに複雑だった。昼と夜をそれぞれ6等分して一刻とするが、日の入り、日の出は季節によって変化するため一刻の長さも毎日変化する。このような太陽を基準とした時間概念「不定時法」に合わせて作られたのが和時計だ。昼夜なく一定の時を刻む西洋由来の「定時法」時計とは別の進化を遂げた機械技術とはどのようなものだったのか。日本で唯一、和時計製作を手がけるナルセ時計株式会社の成瀬拓郎氏にお話を伺った。


日本の技術産業の礎を築いたのは、正確さの追求ではなく"道楽"

和時計については確かな文献資料がほとんどなく、その起源は明らかにされていない。天保3年 (1832年) に編纂 (へんさん) された『尾張志』の中に「徳川家康が朝鮮より献上を受けた自鳴磐 (とけい) の破損を鍛冶職人の津田助左衛門が修理し、さらに同じものを新作して献上した」という記述があり、これが日本人の作った最初の機械時計とされている。津田の子孫は、そのまま尾張に定住して時計師として尾張徳川家に代々仕え、大いに声望を上げた。「今日の名古屋で技術産業が盛んなのも、こうした歴史がルーツになっている」と、自身も名古屋に拠点をもつ成瀬氏は言う。

その後、津田を元祖とする時計職人たちによって「定時法」の輸入品時計は、季節によって異なる時を刻む日本の時刻制度「不定時法」に合うように作り替えられた。ただ、職人が手作りする時計は非常に高価であったため、将軍家や諸大名、あるいは豪商でなければもつことができなかった。特に精巧で細工を凝らしたものは大名時計という別名でよく知られているが、多くは権威の誇示に用いられた。技術が大衆化した江戸後期は富裕な町人層にまで普及したが、ここでも実用性は求められなかったという。太陽が出たら田畑に出て、沈めば家に帰る。そんな農業を中心とした当時の日本で、時刻を知る必要など、そもそもなかったのだ。

ではなぜ、和時計は存在したのか。「必要でないものに高い技術を注ぎ込む。これはもう道楽ですよ」と成瀬氏は言う。過剰なまでの歯車の繊細さ、装飾の優美さ、台座の重厚さ。要するに和時計は、最初から最後までステータスシンボルとして、あるいは機械技術を楽しむ趣味嗜好の工芸品として位置づけられ、独自の進化を遂げたのだ。時間計測の正確さを追求した西洋の時計とは、技術を注ぐポイントが根本的に違うところが興味深い。


不定時法は、太陽の動きをもとに決められた健康的で自然な時刻制度

和時計を理解するためには、まず江戸時代の時間の概念「不定時法」を知る必要がある。1日の長さを等分に分割する時刻制度を定時法といい、現在は世界共通で1日を24等分している。対して不定時法は1日を昼と夜に分け、それぞれを6等分する。昼と夜の長さは季節によって異なるため、分割した単位時間の長さも変化するのが大きな特徴だ。太陽に左右される時間というのは、定時法に慣れた人々にとっては、さぞ不便だろうと思うが、農耕社会にとってはむしろ都合が良く、成瀬氏の言葉を借りれば「太陽基準の不定時法は、健康的で自然な時刻制度」だった。


続きを読む