小型大容量積層セラミックコンデンサ「0402Mサイズ」「0201Mサイズ」が2020年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞を受賞 

2021/01/04

株式会社村田製作所
代表取締役社長 中島 規巨

  

株式会社村田製作所の0402M(0.4×0.2mm)サイズで最大静電容量1.0μFの積層セラミックコンデンサおよび0201M(0.25×0.125mm)で最大静電容量0.1μFの積層セラミックコンデンサが「2020年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞」を受賞しました。

村田製作所の積層セラミックコンデンサについて

5Gに対応したスマートフォンの普及やウェアラブル端末などの多機能化・小型化にともない、電子回路についてもさらなる小型化・高密度化が求められます。その中でも積層セラミックコンデンサは、電子機器に欠かせない部品であり、スマートフォンやウェアラブル端末などの電子機器に数多く使用されています。ハイエンドスマートフォンに1000個前後搭載されているなど、小型化・大容量化のニーズが強い部品です。
今回受賞した積層セラミックコンデンサは、当社独自のセラミック素子の薄層化技術および薄層シート成形技術の確立により、「0402Mサイズ」「0201Mサイズ」それぞれで最大容量を実現しました。小型かつ大容量製品の提供により電子回路の省スペース化を促進し、高機能な電子機器の実現に向けて必要とされる設計自由度の向上に貢献します。
今後も高温保証対応や静電容量の拡大を進め、市場のニーズに対応したラインアップ拡充に取り組み、電子機器の多機能化・小型化に貢献していきます。

 

関連サイト

0402Mサイズで最大静電容量1.0μFの積層セラミックコンデンサを世界で初めて開発
世界最小(0201Mサイズ)で最大静電容量0.1μFの積層セラミックコンデンサを世界で初めて開発
ムラタの小型・大容量セラミックコンデンサ(動画)
飛躍的に大規模化する電子回路をコンパクトな端末に――ムラタの5Gスマホ向けMLCC(前編)

 

日経優秀製品・サービス賞について

「日経優秀製品・サービス賞」は毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので、今年で39回目を迎えます。原則として2020年1~12月の1年間に日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、日経新聞電子版、Nikkei Asiaの各媒体に掲載された中から審査委員会の厳正な審査を経て選ばれた新製品・サービス約40点が表彰されます。


ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。
詳細はこちらのページをご覧ください。www.murata.com/ja-jp