• 企業情報

大阪府大阪市内の商店街でCO2濃度の見える化による
新型コロナウイルス感染リスク低減に向けた実証実験を実施

2021/12/01

株式会社村田製作所
代表取締役社長 中島 規巨

NewsArticleTitle
株式会社村田製作所(以下、当社)は、大阪府内の天神橋3丁目商店街(大阪市北区)となんば戎橋筋商店街(大阪市中央区)におけるCO2濃度の見える化による、商店街内の新型コロナウイルス感染リスク低減に向けた実証実験を実施します。

                                                                                      
                                                                                                                           商店街内の計測イメージ図

                                                                                                                 
                                                                                                                                          表示画面

新型コロナウイルス感染予防の対策として適切な換気が重要であり、その指標の一つにCO2濃度があります。しかしながら、CO2濃度は環境によって変化が大きいため、正しいCO2濃度を測定するのは簡単ではありません。また、正しいCO2濃度を測定できたとしても、明確な安全基準がないことが問題となっています。

当社は、CO2濃度をリアルタイムに可視化し分析を行う空間可視化ソリューション「AIRSual(エアジュアル)」(以下、「本サービス」)を用いて、商店街のアーケード内の複数ポイントに設置しCO2濃度をモニタリングします。本サービスは、環境に応じた設定が不要なため、簡単に正しいCO2濃度を測定することが可能です。また、過去や当日のCO2濃度の増減の傾向をAI等の最先端アルゴリズムにより分析できるため、定量的な根拠に基づく換気ができます。

当社は、信頼性の高いサービスを提供することによって、大阪府が目指す安心して買い物ができる商店街づくりに寄与していきます。

実証実験実施概要

実施内容:  商店街内の複数個所にCO2センサを設置
一定期間、CO2濃度を計測
計測結果は、商店街事務局において一元的に見える化
併せて、デジタルサイネージを設置し、CO2濃度を来訪者に対しても見える化 
実施場所: 天神橋3丁目商店街(大阪市北区)、戎橋筋商店街(大阪市中央区)
実施時期:
令和3年12月1日から令和4年1月31日(予定)

実験協力企業

株式会社クラウドポイント:表示デバイスの提供

関連サイト

CO2濃度の予測で適度な換気を促し、「3密」回避に貢献する空間可視化ソリューション「AIRSual」の提供を開始
令和3年度「大阪府商店街等モデル創出普及事業」

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。

村田製作所トップページを見る

カテゴリや発表年別で見る

カテゴリ別


発表年別