• 企業情報

あわら温泉「芦湯」で新型コロナウイルス感染リスク低減に向けた実証実験を実施~AIRSualと人流センサを導入~

2022/04/22

あわら市
一般社団法人あわら市観光協会
株式会社村田製作所

NewsArticleTitle
あわら市、一般社団法人あわら市観光協会(福井県あわら市、会長:前田 健二、以下「あわら市観光協会」)、株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役社長:中島 規巨、以下「村田製作所」)は、あわら温泉「芦湯」にCO2濃度をリアルタイムに可視化し分析を行う空間可視化ソリューション「AIRSual(エアジュアル)」と人流センサを導入し、温泉街内の新型コロナウイルス感染リスク低減に向けた実証実験を実施します。

                                                
                              あわら温泉「芦湯」                   人流センサ設置の様子 

新型コロナウイルス感染予防の対策として適切な換気が重要であり、その指標のひとつにCO2濃度があります。しかしながら、CO2濃度は環境によって変化が大きいため、正しいCO2濃度を測定するのは簡単ではありません。また、正しいCO2濃度を測定できたとしても、明確な安全基準がないことが問題となっています。

村田製作所のCO2濃度をリアルタイムに可視化し分析を行う空間可視化ソリューションAIRSualを用いて、あわら温泉の公共の足湯である「芦湯」でCO2濃度をモニタリングします。AIRSualは、環境に応じた設定が不要なため、簡単に正しいCO2濃度を測定することが可能です。また、過去や当日のCO2濃度の増減の傾向をAIなどの最先端アルゴリズムにより分析できるため、定量的な根拠に基づく換気ができます。計測結果は、あわら市観光協会で確認でき、基準値に達すると出入口を開けて換気をします。人流センサは、指定範囲にいる人の移動方向や人数、平均滞留時間を検知することができ、人の流れや混雑している場所が分かります。画像はセンサ内部で処理され録画や保存はされないため、プライバシーが守られるよう配慮しています。
人流センサはAIRSualとの連携が可能で、人流センサで取得した人流情報とAIRSualで取得したCO2濃度の関連性から換気が必要な場所・時間を特定して、効率的な換気を実現します。

今後は設置する温泉をさらに増やしていきあわら市、あわら市観光協会一丸として新型コロナウイルス感染予防対策に取り組んでいきます。なお、本実証実験の結果は、感染予防ガイドブックの作成に役立てる予定です。

役割

あわら市:
取り組みに対するアドバイス
あわら市観光協会:
場所の提供および各施設へのPR
村田製作所:
AIRSualおよびシステム全体の提供とメンテナンス
技研トラステム株式会社:
人流センサの提供
アムニモ株式会社:
LTEエッジゲートウェイの提供

関連サイト

CO2濃度の予測で適度な換気を促し、「3密」回避に貢献する空間可視化ソリューション「AIRSual」の提供を開始

ムラタについて

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。

村田製作所トップページを見る

カテゴリや発表年別で見る

カテゴリ別


発表年別